ウエストランド リンクス AH Mk.1 イギリス陸軍仕様 (透明成型)
WESTLAND LYNX AH Mk.1 Royal Army (Clear Version)


元々は1982年のキットで、これが'08年に 2機セットで復刻再販されたものです。
HAS Mk.2 イギリス海軍仕様、AH Mk.1 イギリス陸軍仕様、
UH-14A オランダ海軍仕様の 3種類を選択でき、
海軍タイプと陸軍タイプとでは降着装置や武装などのパーツが異なっています。

この製品には材質が普通のプラスチックの通常版と透明プラスチックの
透明成型版があり、今回製作したのは後者の方です。

通常版では前面の窓が塞がっている(なにしろ昔のキット由来ですので……)為、
窓がデカールによる再現になります。
しかもデカールは 1枚しか入っていないので、
2機目の方は窓を塗装しなければならないという謎仕様。
なんで中途半端にデカールを入れたんだろう(笑)

一方、透明成型版では窓部分を塗り残すことで透明の窓を再現できるメリットがあります。
しかし、材質が硬くて加工しにくかったりハメ合わせが悪かったりする他、
塗料のノリが悪いというデメリットも。
箱にも『上級者向き』と赤文字で書かれたシールが貼られていて、ビビらせてくれます。


'08 11/7 製作

AH Mk.1 イギリス陸軍 対戦車型

こちらは陸軍タイプで、降着装置がスキッド、武装がロケット弾になっています。
側面の小窓は開口していた為、裏側から透明プラ版を貼っています。
また、エンジン吸気口には異物除けネットが張られているので、
透明のままスモークグレーを塗ってみました。

注意点として、海軍仕様で後脚を付ける為に側面に開いている穴、
陸軍仕様ではスキッドを付ける為に下面に開いている穴が、
それぞれ別の仕様を作るときに開きっぱなしになる為、
埋めてやる必要があります。結構大変。



未塗装のままだと こんな感じ。
これはこれで結構綺麗なので、このまま飾るのもアリかもしれませんね。



いっちょんちょん飛行機 トップへ